小倉貴久子の「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」
【シリーズコンサート】
《第5回》 M.クレメンティ

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」には毎回、モーツァルトと関わりのある作曲家をひとりずつゲストとして迎えます。 モーツァルトとゲスト作曲家のクラヴィーアのソロ作品、またピリオド楽器奏者と共にお届けする室内楽、連弾、歌曲などなど、お話を交えながらのコンサートです。 18世紀にタイムスリップしたかのようなひととき、「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」にみなさまをご案内いたします!

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」第2チクルスチラシ


《第5回》

2012年11月13日(火)午後7時開演(開場6:30)
近江楽堂

《第5回》公演の前売り券の販売は終了しました!
「当日券」ございます!会場受付にて午後6時より販売いたします!

〔ゲスト作曲家〕M.クレメンティ Muzio Clementi (1752-1832)

小倉 貴久子(クラヴィーア)

クレメンティ:
トッカータ 変ロ長調 Op.11
クラヴィーアソナタ 変ロ長調 Op.24-2
クラヴィーアソナタ ロ短調 Op.40-3
モーツァルトの歌劇《ドン・ジョヴァンニ》から「ぶってよ、ぶってよ」Wo.10
モーツァルト:
メヌエット ヘ長調 K.5
12の変奏曲 変ロ長調 K.500
クラヴィーアソナタ 変ロ長調 K.570
パイジェッロの歌劇《哲学者気取り》の「主よ、幸いあれ」による6つの変奏曲 ヘ長調 K.398

コンサートの聴きどころ 小倉貴久子
クレメンティ[第5回]M.クレメンティ
イタリア生まれでイギリスで活躍したクレメンティは、作曲家、演奏家、楽器製作、出版業と各方面での手腕を発揮する才能溢れる人物でした。1781年、ヨーゼフ2世の御前で、クレメンティとモーツァルトの競演が行われます。初対面の二人は、交互に自作品や即興演奏を繰り広げ、そのどちらをも甲乙つけがたい素晴らしい演奏は、皇族たちを大変喜ばせたと伝えられています。モーツァルトは、クレメンティの演奏を「単なる機械屋」とこきおろすのですが、クレメンティの方は「才能豊かで典雅」と、モーツァルトの演奏に感銘を受けた言葉を残しています。超絶技巧を駆使したトッカータと、ソナタOp.24-2はこの競演時に演奏された作品です。モーツァルトは、後年このソナタに似た主題を、歌劇《魔笛》序曲で使っています。6つの変奏曲はクレメンティを意識した技巧的な曲です。クレメンティはモーツァルトにとって、かなり気にかかる存在だったと言えるでしょう。

第5回公演の使用楽器:Klavier made by Kenta Fukamatti after John Broadwood (ca.1802)

Kenta Fukamatti


会場/近江楽堂
(京王新線「初台」駅下車、オペラシティ方面出口3分)

〒163-1407 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3階
Tel. 03-5353-6937(近江楽堂・松木アートオフィス)

全席自由:1回券 4,000円(学生2,000円)
3回セット券:10,000円
(「メヌエット・デア・フリューゲル」及び「近江楽堂・松木アートオフィス」でのみ取扱い)
第4回公演終了につき〈3回セット券〉の販売は終了いたしました。

《第5回》公演の前売り券の販売は終了しました!
「当日券」ございます!会場受付にて午後6時より販売いたします!

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」全公演を一括してご覧いただけるページへ

後援/日本モーツァルト協会・一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会/協力:KiKla

【チケット発売・お問い合せ】
・メヌエット・デア・フリューゲル(主催)Tel.048-688-4921 mdf-ks@h7.dion.ne.jp
当サイト《チケットお申し込みコーナー》よりお申し込みください。
・近江楽堂・松木アートオフィス Tel.03-5353-6937
【チケット発売】
・東京オペラシティチケットセンター Tel.03-5353-9999
・イープラス e+ http://eplus.jp
・東京文化会館チケットサービス Tel.03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp/ticket/

・《第1回》のみ昼夜2回公演になります。
・限定120席につき、当日券の有無についてはお問い合せの上ご来場ください。
・小さなお子さまの入場はご遠慮ください。


「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」のページへ
「今後の演奏会」目次へ

前へ
ホームへ次へ