新シリーズスタート!!

小倉貴久子の「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」
【シリーズコンサート】
《第3回》 J.Ch.バッハ

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」には毎回、モーツァルトと関わりのある作曲家をひとりずつゲストとして迎えます。 モーツァルトとゲスト作曲家のクラヴィーアのソロ作品、またピリオド楽器奏者と共にお届けする室内楽、連弾、歌曲などなど、お話を交えながらのコンサートです。 18世紀にタイムスリップしたかのようなひととき、「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」にみなさまをご案内いたします!

モーツァルトのクラヴィーアのある部屋


《第3回》

2012年7月31日(火)午後7時開演(開場6:30)
近江楽堂

《第3回》公演のチケットは完売いたしました!
当日券の販売もございません。
ありがとうございました!

〔ゲスト作曲家〕J.C.バッハ Johann Christian Bach (1735-1782)

小倉 貴久子(クラヴィーア)・重岡 麻衣(クラヴィーア)

J.C.バッハ:
クラヴィーアソナタ ト長調 OP.17-4
四手のためのソナタ イ長調 Op.18-5
モーツァルト:
アレグロ 変ロ長調 K.3
四手のためのソナタ ハ長調 K.19d
クラヴィーアソナタ 変ロ長調 K.333
四手のためのソナタ ヘ長調 K.497

コンサートの聴きどころ 小倉貴久子
クリスティアン・バッハ[第3回]J.C.バッハ
モーツァルトが8歳の頃、訪れたロンドンでJ.S.バッハの末息子、クリスティアン・バッハの膝に乗せてもらい交代でクラヴィーアを弾いたり、また即興で連弾をしたりと、親しく交際したというエピソードが伝えられています。モーツァルトのロンドン滞在中に書かれた「四手のためのソナタ」ハ長調 K.19dは、そんなふたりの打ち解けた雰囲気を感じさせる楽しい曲です。クリスティアン・バッハの音楽から大きな影響を受けたモーツァルト。彼の流麗で気品高く、そして親しみ易い作風をモーツァルトは愛したのでした。1782年に彼の訃報を聞いたモーツァルトは、「音楽界にとっての損失...」と心の師の死を悲しみました。演奏されることの少ないクリスティアン・バッハの「四手のためのソナタ」と、モーツァルトの「四手のためのソナタ」ヘ長調は、時にシンフォニーの書法を思わせるような充実した芸術作品です。

重岡麻衣 重岡 麻衣 クラヴィーア Mai Shigeoka
東京藝術大学古楽科チェンバロ専攻卒業。同大学大学院フォルテピアノ専攻修了。ブリュッセル王立音楽院を最高名誉賞付きディプロマを得て卒業。フランダース・フィルハーモニーオーケストラ、リチェルカール・コンソートなどとの共演、ベルギーやドイツでソロリサイタルを催すなど活躍中。ベルギー・アントワープ王立音楽院フォルテピアノ科講師。

第3回公演の使用楽器:Klavier made by Chris Maene after Anton Walter (1795)

Anton Walter


会場/近江楽堂
(京王新線「初台」駅下車、オペラシティ方面出口3分)

〒163-1407 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3階
Tel. 03-5353-6937(近江楽堂・松木アートオフィス)

全席自由:1回券 4,000円(学生2,000円)
3回セット券:10,000円
(「メヌエット・デア・フリューゲル」及び「近江楽堂・松木アートオフィス」でのみ取扱い)
《第1回》公演終了につき、〈3回セット券〉の販売は完了しました。
《第3回》公演のチケットは完売いたしました!
当日券の販売もございません。
ありがとうございました!

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」全公演を一括してご覧いただけるページへ

後援/日本モーツァルト協会・一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会/協力:KiKla

【チケット発売・お問い合せ】
・メヌエット・デア・フリューゲル(主催)Tel.048-688-4921 mdf-ks@h7.dion.ne.jp
当サイト《チケットお申し込みコーナー》よりお申し込みください。
・近江楽堂・松木アートオフィス Tel.03-5353-6937
【チケット発売】
・東京オペラシティチケットセンター Tel.03-5353-9999
・イープラス e+ http://eplus.jp
・東京文化会館チケットサービス Tel.03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp/ticket/

・《第1回》のみ昼夜2回公演になります。
・限定120席につき、当日券の有無についてはお問い合せの上ご来場ください。
・小さなお子さまの入場はご遠慮ください。


「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」のページへ
「今後の演奏会」目次へ

ホームへ次へ