オリジナル楽器で聴く珠玉の室内楽

鈴木秀美のガット・サロン Vol.12

シューマンの室内楽 〈弦の音色、木の響き〉

シューマンの室内楽〈弦の音色、木の響き〉

ヴァイオリン:岡本誠司
ヴィオラ:成田 寛 
チェロ:鈴木秀美 
フォルテピアノ:小倉貴久子

Program

ロベルト・シューマン
Robert Schumann(1810-1856)

花の曲 変ニ長調 作品19
Blumenstück Des-Dur Op.19

おとぎの絵本 作品113
Märchenbilder Op.113

ヴァイオリンソナタ 第3番 イ短調 WoO27
Sonate für Violine und Pianoforte Nr.3 a-Moll WoO27

ピアノ三重奏曲(幻想小品集)作品88
Klavier Trio (Fantasiestücke) Op.88

ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
Quartett für Pianoforte, Violine, Viola und Violoncello Es-dur Op.47


2018年11月11日(日)
14時開演(13時30分開場)

会場:HAKUJU HALL ハクジュホール

チケット:2018年5月30日(水)一般発売開始
料金(全席指定・税込み):
一般 5,000円(りべら倶楽部会員 4,600円)
ペア券 9,000円(りべら倶楽部会員 8,500円)
子供券 2,000円(エリア限定・ご自分のチケットをお持ちの保護者同伴の小学生以下)
U/U席 2,000円(中学生以上25歳以下:エリア限定/70歳以上:会場内お好きな位置からお選びいただけます。
*りべら倶楽部会員割引、子供券、U/U席はアルテ・デラルコ・ホームページおよびオフィスサワイでのみ扱い。
*当公演では未来の聴衆、音楽家を育てたい、小さいお子様をお持ちの親御さん方にも生の演奏会をお楽しみいただきたいという願いに基づき、未就学児童の入場も可能な子供券をエリア限定で設けております。予めご来場のお客様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

【チケットのお申し込み】
オフィスサワイ 042-394-9199
アルテ・デラルコ・ホームページ http://www.artedellarco.com/
Hakuju Hall チケットセンター http://www.hakujuhall.jp

メヌエット・デア・フリューゲル 048-688-4921
mdf-ks@h7.dion.ne.jp http://kikuko-mdf.com
当サイト〈販売コーナー〉のお申し込みフォームでご注文を承ります。
下記座席番号一覧からご希望のお座席番号をお知らせください。
*子供券、U/U券の取り扱いはございません。

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:115-362)http://t.pia.jp

【お問い合わせ】(チケットお申し込みは承っておりません)
(株)アルテ・デラルコ Tel.048-877-8190/Fax.048-610-8172

【主催】株式会社アルテ・デラルコ 【共催】メヌエット・デア・フリューゲル
【協賛】Hakuju Hall/株式会社 白寿生科学研究所
【後援】一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会
【提供】アルテ・デラルコ/株式会社キングインターナショナル・ALM RECORDS/コジマ録音

【座席番号一覧】
メヌエット・デア・フリューゲル(当サイト)で取り扱っている座席番号(残席)一覧です。 
下記よりご希望のお座席をお選びいただき〈販売コーナー〉の〈希望席番号記入欄〉にご記入の上、お申し込みください。

B列5番、B列6番、B列7番
D列12番、D列13番
I列11番、I列12番、I列13番、I列14番
L列10番、L列11番

参考:ハクジュホール座席表

・フォルテピアノ:J.B.シュトライヒャー(1845年、ウィーン)

岡本誠司 岡本誠司 Seiji Okamoto(ヴァイオリン)
 1994年生まれ。2014バッハ国際コンクール第1位、聴衆賞を受賞。16年ヴィエニャフスキ国際コンクール第2位を受賞。これらを機にオーケストラとの共演、音楽祭、リサイタル、室内楽演奏会などに数多く出演。17年東京藝術大学を卒業。現在は国内外での演奏活動と並行して、ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学でアンティエ・ヴァイトハース氏のもと研鑽を積んでいる。これまでに中澤きみ子、ジェラール・プーレ、澤和樹の各氏に師事。鈴木秀美氏とは8歳の時に出会い、多大な影響を受けてきた。NPO法人イエロー・エンジェルよりG.F.プレッセンダを貸与されている。
成田寛 成田 寛 Hiroshi Narita(ヴィオラ)
 86年より新日本フィルに約10年在籍。その間二度に渡りデン・ハーグ王立音楽院に留学、V.メンデルスゾーン氏に師事。その後新星日響の首席奏者に就任、東京フィルとの合併後2003年まで務め、現在は山形交響楽団首席ヴィオラ奏者を務めている。また、鈴木秀美、若松夏美、寺神戸亮、有田正広、L.コッポラ、S.ホッホランドの各氏等との室内楽共演、楽遊会弦楽四重奏団やオーケストラ・リベラ・クラシカ、バッハ・コレギウム・ジャパン等のメンバーとしても活動している。山形大学客員准教授。

鈴木秀美 Hidemi Suzuki(チェロ)
 チェロ、指揮、執筆、録音ディレクター、後進の指導と鈴木の活動は多岐にわたり、サントリー音楽賞、斎藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。主要な古楽団体でメンバーや首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立し、自身のレーベル《アルテ・デラルコ》からその録音や室内楽等をリリース中。国内外のオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」、「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では、」(アルテスパブリッシング)。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科非常勤講師。
Photo by K.Miura


 バロック音楽を当時の楽器や演奏法で楽しむのは今や普通のこととなってきたが、ロマン派・19世紀ではまだまだ一般的とはいえない。しかしここにもやはり、楽器や奏法など20世紀以降とは随分異なることが多々あり、忘れられた響きの世界がある。
 皆が知っていると思うシューマンの名曲の数々も、オリジナルのピアノやガット弦の弦楽器で弾かれるときには響きもバランスも違って、きっと昔ながらの顔を新たに見せてくれるだろう。(鈴木秀美)



 Hakuju Hall
〒151-0063 渋谷区富ヶ谷1-37-5(株)白寿生科学研究所本社ビル7F Tel.03-5478-8867
[最寄駅]代々木公園駅(東京メトロ千代田線)出口1から徒歩5分/代々木八幡駅(小田急線)南口から徒歩5分/駅出口を左に商店街沿いを直進すると5分ほどで大通り(井の頭通り)につきあたります。右手の歩道橋を渡って右側にある白い建物の7FがHakuju Hallです。
[バス]「富ヶ谷」下車徒歩1分/
・京王バス(JR渋谷駅南改札下車西口バスターミナルから10分):渋61(初台駅行き)渋63(中野行き)渋64(中野行き)渋66(阿佐ヶ谷行き)渋69(笹塚循環)
・ハチ公バス:本町・笹塚循環 春の小川ルート

*当ページの情報は「鈴木秀美のガット・サロンVol.12」の広報チラシより全文を転載したものです。

「今後の演奏会」目次へ
前へホームへ
次へ