受講料(税込): 15,000円 フォルテピアノの特性を踏まえた古典派ピアノ曲の演奏法

小倉貴久子 特別講座

フォルテピアノの特性を踏まえた
古典派ピアノ曲の演奏法

〜現代ピアノで「らしく」弾くためのヒント〜
特別企画!当時の楽器を使用して

講師:小倉貴久子

 ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの古典派ピアノ曲が作曲された当
時のピアノ(フォルテピアノ)は、現代ピアノとは違ったしくみを持っています。
どのような違いがあるのでしょうか。また、これらの作品を現代ピアノで演奏する
際、フォルテピアノの特性をどう活かしたらよいでしょうか。そして、古典派時代
にみられた特有の奏法とは?
 フォルテピアノの第一人者が、以下の楽器を実際に演奏しながら解説します。

クラヴィコード:ニコラ パラッチー 1776年 ローマ
ピアノ発明者・クリストーフォリのピアノ 1726年製の復元楽器
マテーウス アンドレアス シュタイン ca.1820年 ウィーン
ジョン ブロードウッド&サンズ 1821年 ロンドン
コンラート グラーフ 1825年 ウィーン
ヨハン バプティスト シュトライヒャー 1846年 ウィーン
エラール 1851年 ロンドン
ベーゼンドルファー ca.1900年 ウィーン
(フォルテピアノ ヤマモトコレクション所蔵)

《講座内容》
◆作曲家がイメージしたのは「この楽器」での演奏だった!
フォルテピアノの特徴

◆古典派ピアノ作品を弾く・教える前に知っておきたい
古典派時代特有の奏法

◆演奏のレベルと説得力がアップする
フォルテピアノの特徴を現代ピアノでの演奏に活かす工夫

「ここってどう弾くべき?」のお悩みが解決するかもしれません!

日時:2018年11月23日(金)
13:30〜16:30

会場:スペース クリストフォーリ堺
〒599-8126 堺市東区大美野119-12

受講料(税込): 15,000円
受講者特典(1)山本宣夫氏によるピアノ構造レクチャー
〈フォルテピアノ ヤマモトコレクション 代表/フォルテピアノ修復家〉
特典(2)上記の貴重な楽器を試奏できます!

教材
「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」(音楽之友社)
*当日会場でも販売いたします。

【お問合わせ・お申込み先】
ぽこあぽこピアノ教室
http://www.pocoapoco-piano.com
TEL:090-3038-5515
メールアドレス:pocoapocopiano3@gmail.com

【主催】
ぽこあぽこピアノ教室 担当:中西美江

*当ページの情報は〈小倉貴久子特別講座〉のチラシより全文を転載したものです。
*メヌエット・デア・フリューゲルではお問い合せ、お申し込み等に応じておりません。

「今後の演奏会」目次へ
前へホームへ
次へ