ピティナ福岡ヴァルールステーション

ピアノの発達と形式について

古典派の演奏法
ピティナ福岡ヴァルールステーション

講師:小倉貴久子先生

楽器の発達に伴い、どのように和音や曲の形式が変化したので
しょうか。フォルテピアノなど古楽器ピアニストであり、古典派時
代の演奏法について造詣深い小倉貴久子先生に、時代背景と
ともに古典派作品の演奏、指導法について、「ONTOMO MOOK
フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」を取り上げなが
ら、お話し頂きます。

〈曲目〉
♪モーツァルト:ピアノ・ソナタ K.545、同 K.331《トルコ行進曲付き》
♪ハイドン:ピアノ・ソナタ Hob.16/37
♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》

*参考テキスト:ONTOMO MOOK フォルテピアノから知る
古典派ピアノ曲の奏法(音楽之友社)


日時:2018年2月19日(月)
10:00-12:00

会場:福岡ヴァルールミュージックスタジオ

受講料: ピティナ会員:3,000円
一般:3,500円

【主催・お申込み・お問合せ先】
ピティナ福岡ヴァルールステーション
TEL :092-980-1841 FAX : 092-980-1841

ピティナHPからのお申込み(当日支払)が可能です。
http://www.piano.or.jp/seminar/list/

*当ページの情報は案内チラシより関係箇所全文を転載したものです。
*メヌエット・デア・フリューゲルではお問い合せ、お申し込み等に応じておりません。

「今後の演奏会」目次へ
前へホームへ
次へ