第1回

ショパン国際ピリオド楽器コンクール

公開記者会見とプレゼンテーションのご案内

NIFCはこのコンクールの趣旨をお伝えするために、記者会見及びプレゼンテーション、ガイダンスを来日されるNIFC代表の方が行います。
記者会見では同時に2020年第18回ショパン国際ピアノコンクールの概略も発表する予定です。

日時:2018年3月13日(火)11:00〜15:00
会場:トッパンホール

一般聴講応募受付(無料)は2/1より開始いたします。

〈第1部〉(11:00〜12:30)
記者会見およびダン・タイ・ソンによるトークとデモンストレーション
当日使用予定のピリオド楽器
〈第2部〉(13:30〜15:00)
ガイダンス
小倉貴久子によるフォルテピアノ演奏に関するアドバイス
コンクール参加希望者からNIFCへの相談
フォルテピアノの試奏など

主催:国立ショパン研究所(NIFC)
後援:ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター
協力:トッパンホール、梅岡楽器サービス、KAJIMOTO

問合せ:
第1回 ショパン国際ピリオド楽器コンクール公開記者会見とプレゼンテーション係(KAJIMOTO内)
TEL:03-3574-0969


このページの情報は、The Fryderyk Chopin Institutが公開したフェイスブックの情報をそのまま転載したものです。メヌエット・デア・フリューゲルではお問い合わせ対応等行っておりません。

「今後の演奏会」目次へ
ホームへ次へ