YAMAHA GINZA

CONCERT SERIES 珠玉のリサイタル&室内楽

シューベルティアーデ in 銀座
鈴木秀美・小倉貴久子と愉しむ
「ます」と「アルペジオーネ・ソナタ」

シューベルティアーデ in 銀座

岡本誠司(バイオリン)
成田 寛(ビオラ) 
鈴木秀美(チェロ)
今野 京(コントラバス) 
小倉貴久子(フォルテピアノ)

「その曲の生まれた頃の響き」を探求する音楽家、鈴木秀美と小倉貴久子がヤマハホールに再登場。ふたりが信頼を寄せるメンバーと共に、シューベルトの名曲をお届けします。1820年製のフォルテピアノとガット弦のニュアンス豊かな響きで聴く「アルペジオーネ・ソナタ」や「ます」など、まさに19世紀前半のウィーンを彷彿とさせる響き。
「21世紀のシューベルティアーデ」の愉悦を、銀座で体験してみませんか。

Program

フランツ・シューベルト
Franz Schubert(1797-1828)

2つのスケルツォ D.593より第1番 変ロ長調

バイオリン・ソナチネ 第1番 ニ長調 Op.137-1, D.384

アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821

弦楽三重奏曲 第1番 変ロ長調 D.471より第1楽章

五重奏曲 イ長調「ます」Op.114, D.667


2018年7月15日(日)
14:00開演(13:30開場)

ヤマハホール

入場料(全席指定)5,000円

《完売御礼》
当公演のチケットは全てのプレイガイドとも完売いたしました。

【チケット取扱い】
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:101-515] http://pia.jp/t/
ヤマハ銀座ビルインフォメーションカウンター(ヤマハ銀座ビル1階)

当サイト〈販売コーナー〉のお申し込みフォームでご注文を承ります。
下記座席番号一覧からご希望のお座席番号をお知らせください。

【座席番号一覧】
メヌエット・デア・フリューゲル(当サイト)で取り扱っている座席番号(残席)一覧です。
下記よりご希望のお座席をお選びいただき〈販売コーナー〉の〈希望席番号記入欄〉にご記入の上、お申し込みください。

メヌエット・デア・フリューゲル取り扱い分チケットは完売しました。

参考:ヤマハホール座席表

【主催】
ヤマハ株式会社 http://www.yamahaginza.com/hall/
ヤマハホールサイト内公演情報のページ

【お問合せ】
ヤマハ銀座ビルインフォメーション 03-3572-3171(11:00〜19:30/第2火曜定休)
*お電話でのチケットのご予約は承っておりません。

・使用楽器:ヨハン・ゲオルグ・グレーバー Johann Georg Gröber
インスブルック 1820年製 6オクターブのオリジナル楽器
ウィーンアクション73鍵/音域FF〜f4
シューベルトやベートーヴェンなど19世紀初頭のウィーン音楽に最適なピアノ

すずきひでみ

鈴木秀美 Hidemi Suzuki(チェロ)
チェロ、指揮、執筆、録音のディレクター、そして後進の指導と、その活動は多岐にわたる。文化庁芸術作品賞、レコード・アカデミー賞、サントリー音楽賞、斎藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。《18世紀オーケストラ》のメンバー、《ラ・プティット・バンド》、《バッハ・コレギウム・ジャパン》の首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立、アルテ・デラルコ・レーベルからその録音やソロ、室内楽等をリリース中。《ガット・カフェ》《ガット・サロン》等レクチャー及び室内楽のユニークなシリーズを展開。日本各地、オランダ、ポーランド他のオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。山形交響楽団首席客演指揮者。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では、」(アルテスパブリッシング)。東京音大チェロ科客員教授、東京藝大古楽科講師。
Photo by K.Miura

岡本誠司 岡本誠司 Seiji Okamoto(バイオリン)
1994年生まれ。2014バッハ国際コンクール第1位、同時に聴衆賞を受賞。ヴァイオリン/バロックヴァイオリン部門では東洋人初の快挙となる。16年ヴィエニャフスキー国際コンクール第2位を受賞。これらを機に、国内外のオーケストラとの共演、音楽祭、リサイタル、室内楽コンサートに数多く出演。17年東京藝大を卒業。現在ハンスアイスラー音大ベルリンの大学院でアンティエ・ヴァイトハース女史のもと研鑽中。これまでに富川歓、中澤きみ子、ジェラール・プーレ、澤和樹、長原幸太の各氏に師事。鈴木秀美氏とは8歳の夏に出会い、多大な影響を受けてきた。千葉県知事より顕彰、台東区文化・スポーツ奨励賞、藝大内で平山郁夫文化芸術賞、安宅賞、アカンサス賞を受賞。現在NPO法人イエロー・エンジェルよりG.F.プレッセンダ(1827年製)を貸与され、(株)日本ヴァイオリンより名器貸与特別助成を受けている。
成田寛

成田 寛 Hiroshi Narita(ビオラ)
1986年に新日本フィルハーモニーに入団、約10年在籍。その間89年〜90年、93年〜94年の二度に渡りデン・ハーグ王立音楽院に留学、V.メンデルスゾーン氏に師事。またKISA弦楽四重奏団のメンバーとして95年〜97年、秩父及びロンドンでの「アマデウス・クァルテット・セミナー」に定期的に参加しアマデウス・クァルテットのメンバーより薫陶を受け、ロンドン・ロイヤル・ポートレートギャラリーに於ける演奏会等に出演。その後新星日本交響楽団の首席奏者に就任、合併後東京フィル首席奏者を2003年まで務めた。現在は山形交響楽団契約首席を務めている。また、寺神戸亮、有田正広、L.コッポラ、S.ホッホランドの各氏等との室内楽共演や、楽遊会弦楽四重奏団、オーケストラ・リベラ・クラシカ、バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとしても活動している。山形大学地域教育文化学部客員准教授。
Photo by H.Sugimoto

今野京 今野 京 Takashi Konno(コントラバス)
東京音楽大学卒業。NHK交響楽団コントラバス奏者。1992年文化庁芸術家在外研修員として、ベルギー、アントワープ王立音楽院に留学し、フランス弓奏法の研究をする。93年最高位で同音楽院修了後はイタリアに渡り、キジアーナ音楽院(シエナ)にてディプロマ・ディ・メリト賞受賞。ベルギー、オランダで活躍した後、帰国後はバッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等に参加。洗足学園音楽大学講師。


 ヤマハホール
〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14 03-3572-3139(10:00〜18:00/平日のみ)
[交通のご案内]東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線「銀座」駅A3出口より徒歩4分、都営地下鉄浅草線「新橋」駅より徒歩7分、JR線「新橋」駅より徒歩7分

*都合により、出演者・プログラムが変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
*未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
*チケット料金には消費税が含まれております。

*当ページの情報は「シューベルティアーデ in 銀座」の広報チラシより全文を転載したものです。

「今後の演奏会」目次へ
ホームへ
次へ