ショパンのアンサンブルを、19世紀のサロンの響きで

「シリーズコンサート」のページへ  
第2回「ベートーヴェン」 第3回「クララ&ロベルト・シューマン」


ショパンの愛した楽器《プレイエル》とともに

2006年2月26日 アクトシティ浜松音楽工房ホール
2006年3月14日 第一生命ホール
で行われたコンサートです。


フレデリク・ショパン F.Chopin (1810〜1849)

ノクターン 変ホ長調 作品9-2
バラード 第1番 ト短調 作品23
ピアノ三重奏曲 ト短調 作品8
ピアノ協奏曲 第1番(ドイツ初版1833に基づく「室内楽版」)


19世紀はじめのピアノ協奏曲には、本来フル・オーケストラの曲でも、ピアノといくつかの弦楽器で家庭やサロンで演奏できるものがありました。
この演奏会ではショパンの《ピアノ協奏曲 第1番》が、管打楽器なしの「室内楽版」によって、その古くて新しい姿を現します。《ピアノ三重奏曲》と独奏曲も演奏されました。

東京公演はNHK-BS《クラシック倶楽部》および《BSクラシック倶楽部》でその模様が放映されました。

同じ演奏者によるピアノ協奏曲第1番(室内楽版)とピアノ三重奏曲が、CD[浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ9]として発売されています。詳細はこちらまで。

今回浜松と東京で行われた公演は、静岡文化芸術大学(浜松市)における研究活動、浜松市楽器博物館所蔵の19世紀の名器(東京初登場)、トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホールの演奏会企画、そしてすばらしい演奏家たちが揃って初めて可能になった、一つの「アンサンブル」です。19世紀のピアノ音楽文化と演奏受容のあり方に新しい光をあてる、浜松発の世界的にも珍しい演奏会でした。

当演奏会の批評が「ムジカノーヴァ5月号」「音楽の友5月号」「ショパン5月号」に掲載されました。各批評記事をこちらでご覧いただけます。

公演前に行われた小倉貴久子のインタビュー記事
第一生命ホールアーティストインタビューマラソンより

小倉 貴久子(フォルテピアノ)
桐山 建志(ヴァイオリン)
花崎 薫(チェロ)
白井 圭(ヴァイオリン)
長岡 聡季(ヴィオラ)
小室 昌広(コントラバス)
on period instruments

監修:小岩 信治/平野 昭(静岡文化芸術大学)

共演者のプロフィール

Violin 桐山 建志 Takeshi Kiriyama

東京芸術大学大学院修了。フランクフルト音楽大学卒業。98年、第12回古楽コンクール「山梨」第1位。99年ブルージュ国際古楽コンクールソロ部門第1位。現在、「オーケストラ・シンポシオン」のコンサートマスター、「エルデーディ弦楽四重奏団」「ラ・フェート・ギャラント」「コンヴェルスム・ムジクム」のメンバー。フェリス女学院大学非常勤講師。

Violoncello 花崎 薫 kaoru Hanazaki

東京芸術大学及び西ベルリン芸術大学卒業。後にカールスルーエ音楽大学に学ぶ。第50回日本音楽コンクール チェロ部門第3位入賞。 現在、新日本フィルハーモニー交響楽団首席チェリスト、「エルデーディ弦楽四重奏団」のメンバー。東京芸術大学及び武蔵野音楽大学非常勤講師。

Violin 白井 圭 Kei Shirai

トリニダード・トバゴ生まれ。東京芸術大学卒業。全日本学生音楽コンクール中学校の部第1位。日本音楽コンクール第2位併せて増沢賞受賞。"Trio Accord"を結成、各方面で活躍中。

Viola 長岡 聡季 Satoki Nagaoka

東京芸術大学室内楽科博士課程に在籍中。各地の音楽祭、オーケストラの客演首席奏者として活躍する他、オリジナル楽器奏者としても「バッハコレギウムジャパン」「オーケストラシンポシオン」等で活躍している。作・編曲、即興演奏なども手がける。

Contrabass 小室 昌広 Masahiro Komuro

東京芸術大学大学院修士課程修了。オーケストラ・室内楽奏者としてだけでなく、異ジャンルのアンサンブルにも参加し、多方面で活躍している。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は東京交響楽団等で演奏されている。東京芸術大学及びミュージック&メディアアーツ尚美、講師。

「シリーズコンサート」のページへ  
第2回「ベートーヴェン」 第3回「クララ&ロベルト・シューマン」


ピアノ三重奏曲の模様