モーツァルト・ベートーヴェン 「管楽器とクラヴィーアのための五重奏曲」

演奏者:小倉貴久子(フォルテピアノ)、「アンサンブル・カライドスコープ」メンバー 三宮正満(オーボエ)、坂本 徹(クラリネット)、塚田 聡(ホルン)、岡本正之(ファゴット)

収録曲:
W.A.モーツァルト (1756〜1791) クラヴィーアとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 K.452
L.v.ベートーヴェン (1770〜1827) クラヴィーアとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 作品16

録音:2000年8月16日〜18日 三鷹市芸術文化センター「風のホール」 発売:2001年10月

使用ピアノ:クリス・マーネ(ベルギー)1995年製作     
      アントン・ヴァルター(ウィーン)1795年製のレプリカ

アーユス・レーベル GECB2085 2,625円(税込価格)

このディスクは讀賣新聞夕刊の「サウンズBOX〜クラシック〜」で紹介され、「レコード芸術誌」で「準推薦」、パイパーズ誌上で絶賛されました。各評はこちらでご覧いただけます。

「最良の作品!」とモーツァルト自身が語ったK.452。それに倣った若きベートーヴェンの才気溢れる作品16。オリジナル楽器の名手たちによる色彩豊かなアンサンブル。

在庫切れ

共演者の略歴
Oboe 三宮 正満 Masamitsu San'nomiya
1997年、日本古楽コンクール・アンサンブル部門・最高位受賞、2000年、ブルージュ国際コンクール・アンサンブル部門・第2位&聴衆賞受賞(ラ・フォンテーヌ)。現在、「バッハ・コレギウム・ジャパン」と「オーケストラ・シンポシオン」の首席奏者を務める。
Clarinet 坂本 徹 Toru Sakamoto
1993年、ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門で第1位を受賞(トリオ・ファン・ベートーヴェン)。ベルギーの「アニマ・エテルナ」のシューベルトチクルスに参加するなど、ヨーロッパでも活躍中。近年、指揮の世界にも活躍の場を広げている。
Naturalhorn 塚田 聡 Satoshi Tsukada
オランダ・アムステルダム音楽院に留学し、ナチュラルホルンをC.モーリー氏、T.v.d.ツヴァルト氏に師事。また、ハーグ音楽院で18世紀オーケストラのメンバーより室内楽の指導を受ける。
Fagott 岡本 正之 Masayuki Okamoto
第6回日本管打楽器コンクール大賞受賞。現在、東京都交響楽団首席奏者を務めるほか、ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団などと共演している。古典楽器では「シンポシオン」などに参加。東京芸術大学非常勤講師。
アンサンブル・カライドスコープについて
1999年結成のオリジナル楽器による管楽合奏団。国内トップクラスの古楽器奏者が結集している。木管八重奏を基本としているが、今回はその半分の出演である。残りのメンバーは、オーボエの尾崎温子、クラリネットの佐々木麻衣子、ホルンの日高剛および勝俣泰、ファゴットの江崎浩司。

[サンプル]
モーツァルト:五重奏曲 変ホ長調 K.452
第2楽章より

ディスク一覧のページへ戻る