コジェルフ クラヴィーア作品集

フォルテピアノ:小倉貴久子

収録曲:
レオポルト・アントン・コジェルフ(1747〜1818)
 ソナタ ト短調 Op.15-1、ソナタ 変ホ長調 Op.26-3、ソナタ ヘ短調 Op.38-3
 カプリス 変ホ長調 Op.45-1、カプリス 変ロ長調 Op.45-2、カプリス ハ短調 op.45-3

楽曲解説:安田和信

録音:2004年8月 牧丘町民文化ホール 発売:2005年2月

使用ピアノ:Chris Maene, in Belgie. 1995 (model Anton Walter, in Wien. 1795)

ALM Records ALCD-1067 2,940円(税込価格)

このディスクは、「レコード芸術誌」で「特選盤」となり、朝日新聞の「クラシック試聴室」で推薦盤として紹介され、読売新聞の「サウンズBOX〜クラシック」、音楽の友05年4月号の"Disc Selection of The Month"、ぶらあぼの「新譜ピックアップ」のコーナーで取り上げられました。こちらで評(掲載許可をいただいたもののみ)をご覧いただけます。

モーツァルトを震撼させた18世紀のロマンティスト、コジェルフ
鮮烈な演奏でここに蘇る【カプリス 世界初録音】

L.A.コジェルフは、ボヘミア出身で18世紀末から19世紀初頭にウィーンで活躍した人で、モーツァルト晩年の1780年代には、モーツァルトを凌ぐ名声と人気を得ていました。1792年には、モーツァルトの後を継いでウィーン宮廷作曲家に任命されています。またコンヴィクト時代のシューベルトはコジェルフのオーケストラ作品を特に好んで演奏したと伝えられています。作品はオペラ、交響曲、各種コンチェルトと幅広く、中でも100曲を越えるクラヴィーアソナタの充実度は注目に値するものです。コジェルフ Who's Who

ご注文は「お申し込みコーナー」までどうぞ。

[サンプル]
コジェルフ:ソナタ 変ホ長調 Op.26-3
第3楽章より

ディスク一覧のページへ戻る