メンデルスゾーン ヴァイオリン・ソナタ全集

ヴァイオリン:桐山建志
フォルテピアノ:小倉貴久子

収録曲:
フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1809〜1847)
 ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調(1820年)
 ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 作品4(1823年作曲)
 ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調(1838年初稿)
 ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調(1839年改訂稿、第1楽章断片)

楽曲解説:星野宏美(日本語、英語)

録音:2003年8月26日〜28日 牧丘町民文化ホール 発売:2004年5月

使用ピアノ:Chris Maene, in Belgie. 1995 (model Anton Walter, in Wien. 1795)
      Johann Baptist Streicher, in Wien. 1845      

ALM Records ALCD-1056 3,045円(税込価格)

このディスクは朝日新聞『クラシック試聴室』のコラムで紹介され、「レコード芸術誌」で「準推薦」を受けました。評はこちらでご覧いただけます。

メンデルスゾーン オリジナル資料に基づくヴァイオリン・ソナタ全集
後期ヘ長調ソナタの「初稿」および「改訂稿」世界初録音!

〜こうして桐山建志と小倉貴久子は当録音にあたりオリジナル資料を入念に吟味し、メンデルスゾーンの意図を質しながら作品を緻密に再構成していった。その一方で彼らは、時には自由に即興を加えつつ、音色やアーティキュレーションの妙により作品に瑞々しい生命を吹き込んでいる。楽器の特性と響きを生かした豊かな表情は、ふたりのデュオの真骨頂であろう。しなやかな感性とあくなき探求心が結実し、メンデルスゾーンのヴァイオリン・ソナタの新しい世界を切り開いた、エキサイティングな演奏である。(ブックレット解説より)

ご注文は「お申し込みコーナー」までどうぞ。

[サンプル]
メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調(1820年)
第1楽章より

ディスク一覧のページへ戻る