モーツァルト 「クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ集 Vol.1」(2枚組)

演奏者:大西律子(ヴァイオリン)、小倉貴久子(フォルテピアノ)

収録曲:
W.A.モーツァルト (1756〜1791) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ集 K.301~306

録音:2000年12月26日〜28日 三鷹市芸術文化センター「風のホール」 発売:2001年9月

使用ピアノ:クリス・マーネ(ベルギー)1995年製作     
      アントン・ヴァルター(ウィーン)1795年製のレプリカ

アーユス・レーベル GECB2083 3,990円(税込価格)

ご注文は「お申し込みコーナー」までどうぞ。

このディスクは「レコード芸術誌」で「準特選盤」に選ばれました。評はこちらでご覧ください。

モーツァルト21歳、パリで「作品1」として出版されたソナタ集。2つの楽器の対話。極上の室内楽。

共演者の略歴
Violin 大西 律子 Ritsuko Ohnishi
 国立音楽大学卒業。1996年、ザルツブルクのモーツァルテウム夏期講習会にてD.ツィグモンディ氏、C.ズィープ氏に師事。大学在学中から演奏活動を始めていたが、96年秋の「オーケストラ・シンポシオン」に参加したのをきっかけに、バロックヴァイオリンを始める。2000年の冬と秋には小倉貴久子とデュオリサイタルを開き好評を得た。第14回古楽コンクールで第3位受賞。現在は「オーケストラ・シンポシオン」「コンヴェルスム・ムジクム」を始め、数々のグループで活躍している。

[サンプル]
モーツァルト:ヴァイオリンソナタ イ長調 K.305
第1楽章より

ディスク一覧のページへ戻る