浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ15 月光/春〜ワルター・ピアノと弦によるベートーヴェンの輝き〜

フォルテピアノ:小倉貴久子、ヴァイオリン:桐山 建志、チェロ:花崎 薫

収録曲:
ベートーヴェン:
・モーツァルトの「魔笛」より《恋人か女房か》によるピアノとチェロのための12の変奏曲 ヘ長調 作品66
・ピアノ・ソナタ ハ短調 作品13「悲愴」
・ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調 作品27の2〈「月光」〉
・ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 作品24〈「春」〉

使用ピアノ:ワルター&サン ウィーン 1808~1810年

録音:2007年9,10月 アクトシティ浜松音楽工房ホール 発売:2008年5月
企画・制作:浜松市楽器博物館
録音・製作・販売元:コジマ録音
解説:小倉貴久子

LMCD-1859 3,045円(税込価格)

[アルバムに寄せて 小倉貴久子]
 季節が移り、年月が流れ、時代は過ぎてゆく...。しかし、偉大な名工の手がけた銘器というものは、歴史の荒波をひっそりと傍観し、気品と貫録を湛えて、私たちを豊かな芸術の世界へと導いてくれます。
 そのような想いが胸一杯に広がってくるレコーディングの日々でした。
 ベートーヴェンから贈られた至宝の名曲とワルター・ピアノ。この時空を超えたメッセージを、21世紀に奏でられるとは、何と素晴らしいことなのでしょう。
 共演のヴァイオリニスト、桐山 建志さんと、チェリストの花崎 薫さんも、ベートーヴェンへの情熱を抱く素晴らしい音楽家です。敬愛するベートーヴェンの魅力がいっぱいつまったアルバムをお楽しみください。

...聴き慣れたはずの「悲愴」や「月光」が、初めて出会った未知の世界の音楽のようにすらきこえる。はねあげ式のフォルテピアノだからこそ生じる独特の強弱、指のタッチ、間の取り方など、まさに目からうろこが落ちる気分に。...(金澤正剛氏 朝日新聞08年5月12日夕刊より)、他、「毎日新聞」、「音楽現代」誌にて推薦盤として紹介されました。

ご注文は「お申し込みコーナー」までどうぞ。

[サンプル]
L.v.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ ハ短調 作品13「悲愴」
第2楽章より

ディスク一覧のページへ戻る