【ラ バンド サンパ メンバーの紹介】

 Maitre de Bande/Cor バンドマスター/ホルン
 塚田 聡 Satoshi Tsukada

 東京芸術大学卒業と同時に東京フィルハーモニー交響楽団に入団。2年後にはアフィニス文化財団の奨学金を得てアムステルダムに留学、C.モーリー氏にナチュラルホルンを師事する他、古典フルートを18世紀オーケストラの首席フルーティスト、K.ヒュンテラー氏に師事するなど古典派音楽への造詣を深めた。01年には文化庁在外研修制度を利用し再度渡欧、T.v.d.ツヴァルト氏にナチュラルホルンを師事する。現在は東京フィルハーモニー交響楽団のホルン奏者、またナチュラルホルン奏者として日本のオリジナル楽器アンサンブルに参加することがある。
浜松市楽器博物館所蔵の8種のナチュラルホルンを用いたCDがリリースされている。
ナチュラルホルン〜自然倍音の旋律美と素朴な力強さ〜

 Violon ヴァイオリン
 桐山 建志 Takeshi kiriyama

 東京芸術大学大学院修了。フランクフルト音楽大学卒業。98年、第12回古楽コンクール「山梨」第1位。99年ブルージュ国際古楽コンクールソロ部門第1位。現在、「オーケストラ・シンポシオン」のコンサートマスター、「エルデーディ弦楽四重奏団」「ラ・フェート・ギャラント」「コンヴェルスム・ムジクム」のメンバー。フェリス女学院大学非常勤講師。
[みやさまの家]

 Violon ヴァイオリン
 大西 律子 Ritsuko Ohnishi

 国立音楽大学卒業。バロック・ヴァイオリンで第14回古楽コンクール(山梨)第3位入賞。「カンタータ・ムジカ・Tokyo」「Millennium Bach Ensemble」「モーツァルト・アカデミー・トウキョウ」「ヨハネス・カントーレス」のコンサート・マスター。古楽・モダンを問わず様々な室内楽グループやオーケストラで活躍。「国分寺チェンバー・オーケストラ」の弦楽器トレーナー、国立音楽大学非常勤講師。

 Violon ヴァイオリン
 藤村 政芳 Masayoshi Fujimura

 東京芸術大学卒業。新日本フィルハーモニー交響楽団にフォアシュピーラーを歴任し、現在、東京フィルハーモニー交響楽団の2ndヴァイオリン首席奏者。

 Violon ヴァイオリン
 杉田 せつ子 Setsuko Sugita

 東京芸術大学とウィーン国立音楽大学に学ぶ。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」で評判をとったエンリコ・オノフリ率いるディヴィノ・ソスピロのメンバー。
[杉田せつ子website]

 Violon ヴァイオリン
 小池 まどか Madoka Koike

 宮城学院女子大学音楽科卒業。06年、第20回山梨古楽コンクール第1位。仙台フィルハーモニー管弦楽団団員。

 Violon et Alto ヴァイオリン&ヴィオラ
 長岡 聡季 Satoki Nagaoka
 

 東京芸術大学室内楽科博士課程に在籍中。各地の音楽祭、オーケストラの客演首席奏者として活躍する他、オリジナル楽器奏者としても「バッハコレギウムジャパン」「オーケストラシンポシオン」等で活躍している。作・編曲、即興演奏なども手がける。

 Alto ヴィオラ
 森田 芳子 Yoshiko Morita
 

 東京芸術大学卒業。バッハ・コレギウム・ジャパン、18世紀オーケストラのメンバー他、多くの古楽器アンサンブルで活躍中。

 Alto ヴィオラ
 深沢 美奈 Mina Fukazawa
 

 1993年、第3回日本室内楽コンクール入選。1995年、東京文化会館新進音楽家デビューコンサートに出演。東京藝術大学を経て同大学大学院を修了。
バロックヴィオラを森田芳子、若松夏美の各氏に師事。ガンバを福沢宏氏に師事。
バロック、モダンと幅広くオーケストラと室内楽にて活動中。

 Violoncelle  チェロ
 西沢 央子 Nakako Nishizawa
 

 東京芸術大学卒業。日本の主要古楽器アンサンブルのメンバーとして音楽祭、演奏会に多数出演。

 Contrebasse コントラバス
 小室 昌広 Masahiro Komuro

 東京芸術大学大学院修士課程修了。オーケストラ・室内楽奏者としてだけでなく、異ジャンルのアンサンブルにも参加し、多方面で活躍している。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は東京交響楽団等で演奏されている。東京芸術大学及びミュージック&メディアアーツ尚美、講師。

 flûte フルート
 前田 りり子 Liliko Maeda

 全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門高校生の部第1位。バロック・フルートで桐朋学園大学に進学後、デン・ハーグ王立音楽院大学院修了。山梨古楽コンクール第1位。1999年ブルージュ国際古楽コンクール第2位。バッハ・コレギウム・ジャパンなどで活躍。著書に「フルートの肖像」(東京書籍)。東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。

 flûte フルート
 新井 道代 Michiyo Arai

 東京音楽大学及び、同大学院にてモダン・フルートを学ぶ。その後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学し、フラウト・トラヴェルソ(バロック・フルート)を学ぶ。帰国後は、古楽オーケストラ、アンサンブル等で演奏活動を行う傍ら、地元でのコンサートシリーズ、『古楽器で楽しむバロック音楽inアミーゴ!』を企画・開催し、好評を得ている。

 Hautbois オーボエ
 三宮 正満 Masamitsu San'nomiya

 武蔵野音楽大学を卒業。1997年第11回日本古楽コンクール・アンサンブル部門で「ラ・フォンテーヌ」メンバーとして最高位受賞。2000年「ラ・フォンテーヌ」メンバーとしてブリュージュ国際コンクール・アンサンブル部門第2位及び聴衆賞を獲得。「バッハ・コレギウム・ジャパン」首席オーボエ奏者、「オーケストラ・シンポシオン」他メンバー。
[三宮正満とヴィン・サント]

 Hautbois オーボエ
 尾崎 温子 Atsuko Ozaki

 東京芸術大学大学院修了。ブリュッセル王立音楽院修了。「バッハ・コレギウム・ジャパン」「オーケストラ・シンポシオン」「コンヴェルスム・ムジクム」「アンサンブル《BWV2001》」他で活躍。

 Hautbois オーボエ
 森 綾香 Ayaka Mori

 沖縄県立芸術大学音楽学部卒業、桐朋学園大学研究科修了。都内を中心にオーケストラ、室内楽等で活動中。沖縄県立芸術大学オーケストラ非常勤講師。

 Cor ホルン
 岡村 陽 You Okamura

 東京芸術大学卒業。日本音楽コンクール入選。日本管打楽器コンクール第3位入賞。東京芸術大学管弦楽部非常勤講師を務める。

 Cor ホルン
 大森 啓史 Keiji Omori

 東京芸術大学卒業。シカゴ交響楽団のD.クレベンジャー氏の元研鑽を積む。ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉の団員。

 Cor ホルン
 大野 雄太 Yuta Ohno

 山形大学教育学部総合教育課程音楽文化コース卒業。
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程ホルン専修修了。新日本フィルハーモニー交響楽団から、2011年東京交響楽団に首席奏者として入団。洗足学園大学講師、日本ホルン協会常任理事を務める。

 Cor ホルン
 藤田 麻理絵 Marie Fujita

 武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。第1回ホルンコンクール第2位受賞。現在、新日本フィルハーモニー交響楽団団員。

 Basson バスーン
 岡本 正之 Masayuki Okamoto

 東京芸術大学を卒業と同時に東京都交響楽団に首席ファゴット奏者として入団。第6回日本管打楽器コンクールでファゴット部門第1位及び大賞受賞。ハノーファーとシュトゥットガルトにて研鑚を積んだ。近年はバロックバスーンやクラシックバスーンで古楽器グループにも参加している。東京芸術大学非常勤講師。

 Basson バスーン
 江崎 浩司 Koji Ezaki

 桐朋学園大学古楽器科卒業。2000年「ラ・フォンテーヌ」メンバーとしてブリュージュ国際コンクール・アンサンブル部門第2位。「ラ・フォンテーヌ」「タブラトゥーラ」「トロヴァトーレ・レヴァンティ」各メンバー。

 Clarinette クラリネット
 坂本 徹 Toru Sakamoto

 桐朋学園大学古楽器科卒。バーゼル・スコラ・カントールム、オランダ・デン・ハーグ王立音楽院で指揮、古典クラリネットを学ぶ。1993年、ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門で第1位を受賞(トリオ・ファン・ベートーヴェン)。指揮の世界に活動の場を広げている。使用する古典クラリネットは全て自作である。

 Clarinette クラリネット
 佐々木 麻衣子 Maiko Sasaki

 東京芸術大学大学院修士課程修了。04年JILA音楽コンクール第1位、05年シェファード音楽学校コンチェルトコンクール優勝。アメリカ在住。

 Clavier クラヴィア
 小倉 貴久子 Kikuko Ogura

ブルージュ国際古楽コンクールにおいてアンサンブル部門とフォルテピアノ部門でダブル優勝を果たした日本の代表的なフォルテピアノ奏者。日本モーツァルト協会に多数出演するなどモーツァルト演奏には特に定評がある。
[小倉貴久子/メヌエット・デア・フリューゲル]


写真撮影:佐藤 裕子(05年5月東京文化会館公演に於けるもの)
小倉貴久子(05年1月赤坂プリンスホテルでの撮影)
長澤 直子(07年9月東京文化会館公演に於けるもの)website